ナパサパイピって何だっけ?思い出した

ナパサパイピって何だっけ?と思い返してみると

ナパサパイピって言葉知ってます?
これを知っている人はかなりのマニアです。

 

これは、児童文学のまじょ子シリーズに出てくる魔法の言葉。

 

主人公は魔女子かと思いきや、カオリっていう女のコなんです。

 

その女の子が、まじょこからもらった??アイテムが、魔法の鉛筆。

 

その魔法の鉛筆を持って、「ナパサパイピ」と唱えると、鉛筆が勝手にテストの答えを書いてくれるんですよ。

 

すごく便利ですよね、ってカンニングですがwww

 

カオリってあれを使ってたのかな〜、あんまり覚えてないですけど。

 

1回くらいは使ってたと思います。何となく。カオリって真面目な子だったんで、自分でストッパーかけて使ってはないと思います。はい。

 

 

小学生時代の私

 

小学生の時の私は、児童文学が大好きでした。
この魔女子ももちろん全部、読んでいたし、解決ゾロリ?はそんなにだけど、こういう系統の本はいっぱい読んでました。

 

図書館に行くのも大好きで、よく親に連れていってもらってましたよ。
本当に楽しかった。本の世界に触れられたことは自分の成長にとても役立ったと思います。

 

想像力って大事なので。コミュニケーションをとる上で。

 

それもそうだし、国語力もあがったと思います。
それに一人でも楽しめる時間を持つことは、大人になった今でも重要だと思うので、本を読んだりして教養を身に着けることを学んだことはとても大事だったと今振り返っても思いますよ。

 

そんな手伝いをしてくれた親に感謝ですね。

page top